海外fxのスプレッド情報【取り引き内容などを調べておこう】

記事一覧

取引コストに相当する

スーツの人

時間帯によって変動する

FX取引をするためにどこの業者で口座開設するか、その選ぶ基準のひとつにスプレッドがあります。取引コストに相当するものですので、狭ければ狭いほどよいのですが、国内だけでなく海外fxで取引をされる方もスプレッドを重視される方は多いです。ただし、スプレッドには固定と変動があります。どんな時も一定なのが固定であり、時間帯によって狭さが変わるのが変動です。狭さだけに注目してしまうと、変動制を取り入れている海外fx業者です。最少で0.0pipsの業者もあります。狭さ重視するばかりに変動スプレッドの海外fxで一番狭い業者を選ぶのは注意が必要です。0.0pipsのスプレッドになるのは、ほんの少しの時間帯です。変動制は、取引量の多い時間帯は広がり少ない時間は狭くなっています。FXは、取引量が多く相場変動の大きい時間帯に一番利ザヤを稼ぎやすいです。重要な経済指標が発表された、政府要人が重要な発言をする、政府が為替介入をするようなときは、取引量が多くなり、大口注文も殺到しスプレッドが広がりやすくなります。20pis〜30pips広がってしまうこともあります。このような場合には、固定スプレッドを採用している海外fx業者で取引をしたほうが有利です。本来なら支払う必要のないはずのスプレッドを固定ならその分のコストを抑えることができます。それ以外の時間帯は、変動の方が狭くなっています。そのため、固定と変動の両方口座開設しておいて取引量の多い時間帯ごとによって使い分ける方法もあります。

Copyright© 2018 海外fxのスプレッド情報【取り引き内容などを調べておこう】 All Rights Reserved.