海外fxのスプレッド情報【取り引き内容などを調べておこう】

記事一覧

スタンダードとECN口座

お金を持つ人

取引手数料もチェックする

海外fx業者の多くでは、スタンダード口座(STP)とECN口座があります。口座を開設する際に、どちらの口座で開くか選択をすることになります。何も知らないと、スタンダート口座の方が標準という意味だからスタンダードを選ぶ人も多くいます。スタンダード口座を選ぶことが悪いわけではないのですが、それぞれの口座に特徴がありますので、その特徴を押さえてから海外fx業者を選ぶとよいです。スタンダード口座とECN口座ですが、注文方式が異なります。スタンダート口座は、トレーダーからの注文を一旦ディーラーが預かります。ディーラーからFX業者へレートを提示している金融機関へ流します。ECN口座は、ディーラーを経由せず直接インターバンクにトレーダーの注文が流れるので、ECNのほうがクリーンな取引環境にあります。そして違いが一番分かりやすいのが、スプレッドです。ECNは取引にかかるコストがスプレッドに取引手数料がプラスされます。スタンダードは、取引コストにスプレッドだけかかります。取引手数料もかかるのなら、海外fxで口座を開設するならコストがスプレッドだけのスタンダード口座にしたほうがよさそうですが、ECN口座の場合スプレッドが激狭です。取引手数料を含めてもスタンダード程コストがかからないのです。海外fxでコストの安さにこだわるならECN口座です。ただし、最大レバレッジはスタンダード口座のほうが大きくボーナスがあるのもスタンダードです。結論から言えば、1日に何回も取引するスキャルピングをする人はスタンダード、短期的なスイングトレードをする人はECN口座が向いています。

Copyright© 2018 海外fxのスプレッド情報【取り引き内容などを調べておこう】 All Rights Reserved.