海外fxのスプレッド情報【取り引き内容などを調べておこう】

記事一覧

取引コストは高め

手

国内と異なる特徴とは

海外fxは国内fxと異なり、スプレッドが広いという特徴があります。国内fxでは固定スプレッドが原則であり、非常に狭いスプレッドであるという特徴があります。これは国内の業者が原則「呑み取引」であるという特徴から生まれた原則です。国内のfx業者はトレーダーの注文をそのまま反映させるのではなく、呑むだけであり、トレーダーの損失が業者の利益になります。そのため、スプレッドは狭くても利益が十分にあがるのです。一方、海外fxでは変動スプレッドが原則です。これは基本的にトレーダーの注文通りに売買が行われるというルールであり、スプレッドが海外fx業者の利益となるためです。そのため狭いものだと業者としての利益があがらなくなってしまうため、広いものを採用しているのです。海外fxはこのように取引コストはかかるのですが、その分レバレッジが広い、取引の透明性が高い、スピーディーであるという特徴があり、国内fxにはないメリットがあります。そのため、たとえスプレッドが高くても参入するメリットは大きいといえます。海外fx業者を比較するときに重要となるのが平均スプレッドです。最小値しか掲載していない業者ではなく、平均値を掲載している業者を選ぶべきでしょう。その上で平均値を比較して選べばコストは少なくできます。ただそれに加えて取引手数料がかかることもあるので、取引手数料がかかるのかどうかも確認しておく必要があるでしょう。

Copyright© 2018 海外fxのスプレッド情報【取り引き内容などを調べておこう】 All Rights Reserved.